読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旦那の借金解決問題

旦那は家族に内緒で借金していることが発覚!しばき回した後、弁護士に相談することに、借金整理などの際に役立つ動画を集めました

自己破産したことを近所の人やみんなに知られてしまいますか?

自己破産について

自己破産したことをみんなに知られてしまいますか?

となり近所に知れ渡ることはありません

 

ですが、破産宣告の事実は官報に公告され、市町村役場の破産者名簿に記載されます。

しかも官報をチェックしているのは金融業者のような人だけですし、破産者名簿などのプライバシーに関するものは当然、非公開です。したがって破産の事実を知ることになるのは事実上、各サラ金業者・裁判所・依頼を受けた司法書士・弁護士だけといえましょう。

 

また、一部の地域においては日経新聞の夕刊に「裁判所公示」として、いわゆる管財事件(財産のあるケース)に限って破産宣告の公示がなされている場合があるようですが、通常の消費者破産事件は財産価値のあるものを持たない状態で自己破産の申立てをするケースがほとんどですから、該当するケースは少ないと思われます。

なお、官報に公告されると、悪質なヤミ金融業者から融資の勧誘がくることがあります。もちろん、こんな誘いに乗ってはいけません。

 

また良く心配されるのが戸籍や住民票に記載されるかという事ですが、記載されることはありません。また選挙権などもなくならないのです。

住民票や戸籍に「破産者」という記載がされることはありません。また、選挙権などの公民権を剥奪されるということもありません。

 

もちろん、取引の安全面を考えると、まったく告知しないという状態も好ましくありません。そのため、破産宣告の決定が出ると、官報に公告され、各市町村役場にある破産者名簿にその旨が記載されます。とはいえ、現実問題として、官報を一般の人が見ているということはありませんし、破産者名簿はその性質上、非公開ですので、他人に破産の事実が知れ渡るということはないといってよいでしょう。