読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旦那の借金解決問題

旦那は家族に内緒で借金していることが発覚!しばき回した後、弁護士に相談することに、借金整理などの際に役立つ動画を集めました

自己破産の費用はいくらぐらい必要ですか?

自己破産するにも費用はいくらぐらい必要ですか?

最低でも3万円程度は必要になります

自分で手続きをする場合は、自己破産手続きをするにも、費用は必要です。

まず、予納金の2万円(裁判所によっては、1万5000円程度)が必要です。これは、破産宣告などの公告費用(『官報』という政府の機関紙への掲載費用)です。

次に、郵便切手が5000円程度必要になります。これは、裁判所から債権者や申立人へ通知や呼出状を郵送する際に使用されるものですが、申立ての際に予納する必要があります。ただし、裁判所によって、その額や郵券の種類が異なりますので、事前に確認してください。

 

そして、収入印紙です。破産申立てに600円、免責申立てに300円の収入印紙が必要です。以上、合計2万6000円程度の費用は最低限必要になります。

なお、これはあくまで、すべての手続きを自分で行なった場合です。司法書士に書類を作成してもらったり、弁護士に依頼をする場合には、これに加えて、司法書士・弁護士への報酬を支払う必要があります。

 

司法書士の書類作成料は10万円から20万円程度、弁護士費用は30万円程度が平均的なところだと思われます。依頼する際に、きちんと確認しておきましよう。

 

弁護士や司法書士など専門家に頼む費用が出せないときは
 
ところで、司法書士・弁護士に手続きを依頼したいのだけど、その費用を捻出することができないときは、どうすればいいのでしょうか。

こういった場合、その費用を法律扶助協会に一時立替払いしてもらい、申立て後に法律扶助協会に償還をしていくという「法律扶助制度」を利用することができます。ただし、この制度を利用できる場合でも、予納金の2万円については自己負担となりますので、注意してください。